株式会社セプテーニ・ホールディングス株式会社
セプテーニ・
ホールディングス

通期決算レビュー

2017年9月期通期

2016年の国内スマートフォン個人保有率は56.8%まで伸長し、とりわけ10~30代では80%を超過するなど若年層を中心とした量的拡大が進行しております。それとともに保有者一人当たり利用時間についても、高まるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用率に伴って大きく増加しており、質的にも顕著な変化がうかがわれます(出所:総務省「平成29年版情報通信白書」)。このようにスマートフォンがインターネット利用デバイスの主流となる中で、それに対応する広告や各種サービス・コンテンツ市場が拡大しているほか、SNSをはじめとするソーシャルメディアもその影響力を一層強めるなど、メディア特性を活かしたマーケティング支援の需要は一段と高まっております。

 このような環境のもと、当社グループにおいてはスマートフォン広告に注力し、その中でも成長著しい動画広告の生産・販売体制を強化してまいりました。併せて、海外での事業拡大を推し進め、東南アジア地域における収益拡大を図ってまいりました。

 さらには、中長期的な競争力強化のため、マシンラーニングを軸とするAI型人事システムを活用した人材採用・育成の積極化や、メディアコンテンツ事業におけるマンガアプリ「GANMA!」を中心としたメディア規模拡大のための先行投資を実行いたしました。

 これらの結果、収益は14,702百万円(前期比6.1%増)、Non-GAAP営業利益は2,325百万円(前期比43.9%減)、親会社の所有者に帰属する当期利益は2,211百万円(前期比12.2%減)となり、収益につきましては、実質的に6期連続で過去最高を更新いたしました。

 なお、2016年11月10日付でアクセルマーク株式会社の当社保有株式の一部を売却したことに伴い、同社及びその子会社を当社の連結対象から除外しております。同社及びその子会社の損益及び当該株式売却に関する損益は継続事業から分離し、非継続事業に組み替えた上で、比較対象となる前期実績につきましても遡及修正しております。

連結業績

通期連結業績の概要

(単位: 百万円)
2015年9月期
通期
2016年9月期
通期
2017年9月期
通期
増減率
収益

11,195

13,862

14,702

+6.1%

Non-GAAP営業利益

2,901

4,147

2,325

-43.9%

営業利益 2,579

4,154

2,248

-45.9%

親会社の所有者に帰属する当期利益 2,351

2,519

2,211

-12.2%

通期連結業績の推移

収益
売上高
Non-GAAP営業利益
営業利益

セグメント別業績

収益
売上高
Non-GAAP営業利益
営業利益
  • ネットマーケティング
  • メディアコンテンツ
  • 調整額(全社費用等)
Pマーク
当社では、個人情報保護に関するJIS規格に準拠した体制を構築し、プライバシーマークを取得。お客さまの個人情報の保全に全力で取り組んでおります。 ≫プライバシーポリシーについて