1. TOP
  2. サステナビリティ
  3. 新しい時代を作る人の育成による企業価値の向上
  4. デジタルHRによる再現性のある人材育成

デジタルHRによる再現性のある人材育成

当社グループは、社員個々の
パフォーマンスを
最大化できるよう、
人材データを
専門に研究を行う人的資産研究所
(Human Capital Lab)を
設立し、経営判断や人材育成に
活かしています。

研究目的

セプテーニグループは1990年の創業後、2000年より当時黎明期であったインターネットの領域へ事業の軸足を移し、インターネット業界の成長と共に様々な組織課題に直面しながら現在に至るまで成長を続けてきました。

人的資産研究所では、当社の成長過程において今日まで蓄積を続けてきた人材に関する膨大なデータを統合・分析することを通じて、成長産業における“人材育成の構造”を科学的な観点から明らかにし、広く共有することを目的に研究活動を続けています。

当社が成長の過程で経験してきた組織課題を、実データに基づく科学的な観点よりお伝えすることで、企業の皆さま、中でも成長を遂げる中で抱える組織特有の課題に対峙している皆さまには、課題解決の糸口を提供できるものと考えております。

研究体制

人的資産研究所はセプテーニ・ホールディングスに所属し、グループ全体から集積された人材に関連するデータを基に、専属の研究員が人材採用・育成の強化を目的とした研究活動を行っています。
研究結果は人材採用·育成活動の一助としていただくために、当サイトを通じて公開していきます。

研究概念と研究テーマ

当社は、人材育成の概念を「必要と思われる知識を提供して“育てる”」ことから、「職場で良質な経験を重ねることで“育つ”」ものであり、それを科学的に測定・評価する取り組みと再定義しました。

そしてその定義を「育成方程式」として概念化、当社では常にこの概念に基づいて研究活動を行っています。

「人的資産研究所では、大きく分けて「採用」「適応」「育成」「アルムナイネットワーク」の4つの領域で研究活動を行っています。当社が数十人の規模であったときから現在に至るまで 成長してきた過程における実際のデータを用いた研究を進め、数的根拠に基づく人材育成の「コタエ」を提供することを目標としています。

人的資産研究所

研究結果の公開とオープンイノベーション

当社は、育成方程式のデータを解析するAIエンジン「HaKaSe」を中心に据え、 データやテクノロジーの力で人事を科学する取り組みを推進しています。 人事課題解決の一助としていただくことを目的に、15以上の人事ソリューションと30以上の研究レポートを、 株式会社 人的資産研究所 ウェブサイトにて掲載しており、すべて無料での閲覧できます(※)。

※フォームでの申請が必要です。

人的資産研究所

研究を基にしたサービス・取り組み

当社ではこれまで蓄積してきた人材データベースをもとに、採用~ オンボーディング~育成を一貫したサービスとして設計した人事施策(HRバリューチェーン)を構築しています。
実施した人事施策の結果は同データベースに蓄積され、運用の継続に伴 いPDCAが回ることで、施策の精度が持続的に向上する仕組 みとなっています。このようなテクノロジーを駆使することで 「効率的かつ再現性の高い人材育成」を実現し、人的資本の最大化に取り組んでいます。

採用

活躍人材の目利きと個別フィードバック

当社の採用活動では、採用候補者の「個性」や「選考時のデー タ」を中心とした情報から、入社後の活躍可能性をAIにより算出する「活躍予測モデル」を開発し、選考評価の参考情 報として活用しています。データを参考にすることで、採用 担当者の主観や感覚のみに依存することなく、定量的な情報を根拠とした判断が可能となり、当社で活躍する人材の 精度の高い見極めにつながっています。
また、採用候補者とのコミュニケーションの場においては、上記のデータを解析し、採用候補者が入社後にどのよ うな成長曲線を描き、いつ・どのような要因でつまずく可能 性が高いか、またそれに対する解決策は何かといったこと が個々にオーダーメイドで開示される「キャリアフィード バックシート」を提供しています。 ひとりひとりの採用候補者に個別最適化されたキャリアプ ランを提示することで、入社後の成長曲線を具体的にイメー ジすることが可能となり、入社の意思形成のサポートをしています。これらの技術と取り組みを通じ「当社で活躍可能性の高い人材の効率的な採用」を実現しています。

採用領域における詳細な検証結果について

オンライン・リクルーティング

研究による成果の一つである「入社後の活躍予測」と、オンライン面接システムの活用によって、地方学生がエントリーから内々定までがウェブ上で完結できるようになりました。
就活における、地方学生の交通費·宿泊費·移動時間等の負担軽減を実現したことで、より幅広い層からの優秀な人材獲得が可能となりました。

オンライン・リクルーティング

自己分析ツール

個性と環境の相性の定量化及び活躍を最適化する技術を基に、客観的に個性や適性を把握し、PRポイントを言語化する「自己分析ツール」をすべての学生向けに提供しています。

ツールを利用していただくことで、学生個々がより良いキャリア選択できるような機会を提供したいと考えています。

Self Knowledge Tool

大学生向けキャリア支援サービス「COGRESS」の提供

AI型人材育成システム「HaKaSe」の技術を基に展開している大学生向けのキャリア支援サービス。オンライン・リクルーティング、自己分析ツールを含む8つのサービスで構成されており、各サービスは個別に利用することも、COGRESSに登録することで包括的に利用することもできます。無料登録後、学生生活から就職活動、その後のキャリア選択までのサポートを、総合的に受けることが可能になります。

※個性の算出には、ヒューマンロジック研究所が提供する「FFS診断」を使用します

COGRESS

育成

最適配置と育成プラン

入社後の社員に対してはチームメンバーや上司などのパー ソナリティデータをもとに、個人が適応しやすい環境を定量評 価し配属を決定する「相性配属」を実施しています。 また、これ らのデータをもとに、本人には「強みや弱み、最適な学習スタ イル、組織適応の方法」、上長には「最適なコミュニケーション の取り方や育成方法」などが記載されたレポートを提供し、個性に合った成長を支援しています。この取り組みの結果、新入 社員の早期の適応・戦力化が確認されています。

育成領域における詳細な検証結果について

アルムナイネットワーク

セプテーニグループでは、相性の定量化及び従業員の活躍を最適化するためのAI型人事システムを、アルムナイ(会社を退職したOB/OG)に対して広く提供することを目的とし、「セプテーニグループ・アルムナイネットワーク」を構築しています。

このアルムナイネットワークを通じて、キャリア開発サービスを提供するほか、グループ情報や業務委託・業務提携に関する情報の共有を行い、ビジネス面におけるパートナーシップも築いていきます。

アルムナイメンバー
ページ