株式会社セプテーニ・ホールディングス株式会社
セプテーニ・
ホールディングス

働き方改造

「誰もが時間も場所も選ばず、価値ある仕事で、
自律して活躍している状態をつくる」を
ビジョンとして掲げ、活動を推進しております。

働き方改造委員会

ワークライフバランスの向上を目的とした新たな働き方を推進するために、「成果と時短の両立」を合い言葉とした取り組みを重ねた後、社長を委員長とするグループ横断プロジェクト「働き方改造委員会」を組成しました。グループ各社から選抜された委員メンバーを中心に、制度の設計や導入、啓蒙活動などを行っています。

働き方改造イメージ01

「成果と時短の両立」評価への組み込み

管理職に対しては『成果と時短の両立』についてメンバーに適切な指導ができているか、一般社員に対しては『成果と時短の両立』を意識した適切な業務を行っているかを問う項目を新設し、業務評価に反映しています。
*主要事業会社のみの施策

働き方改造イメージ02

フレックスタイム制度

働き方改革の第一フェーズとして、フレックスタイム制度をグループ全社(※一部除く)に導入。就業時間の制限を緩和し、多様な働き方を選択できることでより大きな成果を出せる環境を整備しています。

働き方改造イメージ03 ▲イントラネット内に公開されているフレックスタイム制度移行にむけてのレポート

リモートワーク環境の整備

時間や場所に縛られず、生産性の高い働き方を実現する人事施策の一つとして、2016年10月に導入したフレックスタイム制度に続き、2018年以降にリモートワーク環境の整備を進めていく予定です。

働き方改造イメージ03

副業制度

人材や働き方の多様性に適応し、業務外の活動を通して個々のスキルアップを推奨することで人材価値をさらに向上させることを目的に、副業制度を制定いたしました。

働き方改造イメージ03

働き方改造の取り組みと成果

  • 2011年事業会社にて成果と時短の両立の取り組みスタート
  • 2015年グループ横断「働き方改造委員会」発足
  • 2016年フレックスタイム制度の導入
  • 2017年リモートワーク導入に向けた準備

働き方改造イメージ03

Pマーク
当社では、個人情報保護に関するJIS規格に準拠した体制を構築し、プライバシーマークを取得。お客さまの個人情報の保全に全力で取り組んでおります。 ≫プライバシーポリシーについて