株式会社セプテーニ・ホールディングス株式会社
セプテーニ・
ホールディングス

セグメント情報

セグメント別業績

(単位: 百万円)
    2015年9月期※ 2016年9月期※ 2017年9月期※ 2018年9月期
収益 ネットマーケティング事業 11,096 13,409 13,833 14,234
メディアコンテンツ事業 207 601 1,163 1,324
消去・全社 -108 -148 -294 -286
    11,195 13,862 14,702 15,272
Non-GAAP営業利益 ネットマーケティング事業 3,816 5,331 5,468 4,026
メディアコンテンツ事業 -530 -718 -1,324 -1,051
消去・全社 -378 -467 -1,820 -1,964
    2,901 4,147 2,325 1,011
【参考】売上高 ネットマーケティング事業 61,564 73,159 72,549 72,177
メディアコンテンツ事業 207 601 1,163 1,324
消去・全社 -295 -559 -1,336 -1,058
    61,476 73,203 72,375 72,443

※なお、従来より各セグメントへ配賦していた全社費用について、2018年9月期以降は配賦を行わない方針に変更しております。これに伴い、2017年9月期のセグメント別Non-GAAP営業利益は全社費用を配布しない基準にて遡及修正しております。また、2016年9月期以前の業績については遡及修正前の数値となっておりますので、参考情報としてご参照ください。

ネットマーケティング事業

当期においては、スマートフォン向け運用型広告を中心とするネット広告市場の拡大と、ユーザの認知度や購買意欲向上を測る効果指標であるブランドリフトを目的とする、マス4媒体における広告予算のデジタルシフトが追い風となり、その需要が高まるとともに、広告商品やマーケティング手法の多様化、広告表現のリッチ化が進んだことで成長が後押しされ、当事業における動画広告とブランド広告の取扱高は順調に拡大いたしました。一方で、既存の一部大型案件における出稿減の影響がありました。また、中長期的な競争力確保のための組織基盤の強化を目的とした積極的な人材投資を行ってまいりました。

これらの結果、収益は14,234百万円(前期比2.9%増)、Non-GAAP営業利益は4,026百万円(前期比26.4%減)となりました。

  • 収益
    セグメント情報:収益
  • Non-GAAP営業利益
    セグメント情報:Non-GAAP営業利益
  • 【参考】売上高
    セグメント情報:(参考)売上高
  • 海外収益
    海外取扱高
  • 動画広告取扱高
    スマートフォン広告取扱高

メディアコンテンツ事業

当期のマンガコンテンツ事業においては、マンガアプリ「GANMA!」のメディア規模拡大のためのオンラインプロモーションを一定の規模で実施しながら、ユーザのアクティブ率の上昇や滞在時間の増加を目的とした、コンテンツおよびプロダクト強化のための投資を実行いたしました。その結果、「GANMA!」のユーザ数は堅調に増加し、アプリの累計ダウンロード数は2018年9月末時点で約1,098万件に拡大いたしました。また、「GANMA!」に掲載される広告の堅調な拡販に加え、課金収益の伸長により、広告収益を中心とするアプリ収益は順調に推移いたしました。

これらの結果、収益は1,324百万円(前期比13.9%増)、Non-GAAP営業損失は1,051百万円(前期は1,324百万円のNon-GAAP営業損失)となりました。

  • 収益
    売上高
  • Non-GAAP営業利益
    Non-GAAP営業利益
Pマーク
当社では、個人情報保護に関するJIS規格に準拠した体制を構築し、プライバシーマークを取得。お客さまの個人情報の保全に全力で取り組んでおります。 ≫プライバシーポリシーについて