Septeni Japan
ブランド広告本部

関西大学 社会学部

創造・論理タイプ
(攻めデジタル)

FFSデータ
A:14 B:11 C:16 D:18 E:9

Q. 現在担当している仕事内容は?
大型広告主に対するマーケティングソリューションの提供。 営業として、クライアントの成し遂げたいことや課題を抽出し、それに対してセプテーニが提供できるサービスをアウトプットしています。 最近は特に、デジタル広告を使ってクライアントの「ブランド」を創っていく、強くしていくためにはどうするべきかを考える・解決策を提供することに注力しています。
Q. 現在の業務で面白いところ、難しいと思ったところ
常に一番、最先端であること。 クライアントのビジネスに深く入り込むことが多いので、業界の最新情報を知ることができたり、大企業が業界を席巻するために何を考えているのかを肌で感じることができたりします。 そのサポートを行うために最新のテクノロジーを駆使するので、毎日勉強する必要があります。逆にこれは勉強が苦手な僕にとっては、ちょっとしんどい部分でもあります。
Q. あなたにとって、セプテーニグループで働く理由とは?
チームでプロフェッショナルだから。 たくさんの「その道のプロ」が揃う企業です。また、個人の得意なところを寄せ集めて、チームで戦おう、という意識が皆あります。 こんな考えが浸透している企業だからこそ、一人ではなし得ることができなかったであろう大きな成果を得ることができます。 それが楽しいから働いています。
Q. 3年後の目標は?
大きな看板を作ること。 「セプテーニのRyosukeさんね」ではなく、「Ryosukeさんが働いているセプテーニね」って言われるくらい、 この業界で重要な人物になって、セプテーニグループをより盛り上げていくような人材になりたいです。
Q. どんな学生時代?
大学が終われば焼き鳥を深夜まで焼き続ける、アルバイト漬けの普通の学生でした。 大学ではマスコミ関係の授業をよく受けていました。それがきっかけでこの業界に興味を持ち、今に至ります。 焼き鳥屋で働いた経験はコミュニケーション能力に転換され、今の営業活動に活きています。
Q. 学生に向けてのメッセージをどうぞ
限界まで遊んでください! 仕事は入社してから一緒に成長し、頑張りましょう。 その時に学生時代に体験した楽しい話をたくさん聞かせてください。 (私はなんのアドバンテージもなく入社しましたが、先輩に鍛え上げられて活躍できています)

このページの情報はあなたにとって、
役に立ちましたか?
(コンテンツの改善にのみ使用します)

  • 全く
    役に立たなかった

  • あまり
    役に立たなかった

  • どちらでもない

  • 少し
    役に立った

  • とても
    役に立った

(今後もコンテンツの改善を行う予定です)