Toshiki H セプテーニ・オリジナル 開発部
エンジニア

金沢工業大学 情報学部情報工学科卒業。
2014年にセプテーニ・オリジナルへ入社。
エンジニアとしてPYXISプロジェクトに携わる。

個性タイプ攻めアナログ FFSデータ A:8 B:16 C:10 D:16 E:15

これまでの経験と入社のきっかけ

物心ついた頃からITの魅力を感じており、自分自身で世の中に価値のあるプロダクトを作りたいという思いがありました。そのため学生時代は幅広いソフトウェア技術を学ぶことができる情報工学を専攻し、様々なプログラミング言語に触れました。就職活動ではいろいろな企業を見て回りましたが、その中でもセプテーニグループは、常に変化し成長を続けていて、これから世の中に新しい価値を生み出していく期待感を持つことができました。また自分がこれまで培ってきたスキルを活かして会社に貢献できる部門があることにも惹かれ、入社することを決意しました。

現在の仕事内容

最近SNSなどで多くの広告が見受けられるようになりましたが、私はその広告をより効率的に運用・管理ができる「PYXIS」というツールの開発に携わっています。主に設計の部分を担当しており、コンサルタント側からのニーズに対して、どのように計画を立てたら最適かつ効率的に実現できるかを考え、何度も改善を重ねて設計します。若い年次にも関わらず重要な役割を任せてもらえるので、常に当事者意識を持って業務に向かう姿勢を大切にしています。また、一人ひとりの裁量権が大きい分、自らが手を挙げて提案してから実現するまでの意思決定が早いので、スピード感を持って開発ができています。

セプテーニグループの環境

エンジニアにとって仕事に集中できる環境が全社的に整備されていて、開発に必要なツール等は一通り揃っています。最先端の技術に関する勉強会や各チームが用いる技術の共有会なども行われていて、会社もそのような活動に対して積極的に支援してくれています。このようにエンジニアを大切に思う文化が根付いており、それに対して貢献しようというエンジニアの志も高いため、Win-Winな関係を築けています。各々が目標に向かって、学習意欲を保ちながら意欲的に仕事に取り組むことができる環境だと思います。

セプテーニグループは、
ひとりひとりのパフォーマンスを最大化し、
より良いキャリアを築くためのサポートを行っています。

ページ先頭へ