Takahiro Y セプテーニ 第二アカウント本部
マネージャー

早稲田大学 社会科学部卒業。2011年にセプテーニへ新卒で入社。
第二アカウント本部第一営業部に所属し、マネージャーを務める。

個性タイプ攻めアナログ FFSデータ A:8 B:16 C:13 D:16 E:15

これまでの経験と入社のきっかけ

子供の頃から野球やサッカーといったチームスポーツをやってきて、大学進学後もサークル活動やアルバイトを通して、常にチームプレーを求められる環境に身を置いていました。常に何かしらの組織に所属していたからか、就職活動で意識したのは、『どこで働きたいかというよりも誰と働きたいか』でした。そのためセプテーニグループへの入社を決めたのは、業種や職種よりも、共に働く同期が頼もしく思え、出会った先輩社員が尊敬できたことが大きかったです。

現在の仕事内容

2011年に入社してから現在に至るまで、アカウントプランナーとして多数のプロジェクトに携わってきました。アカウントプランナーはクライアントの窓口となり、広告商品別のコンサルタントや運用担当、制作担当など、個性豊かなメンバーをまとめ上げる立場です。
プロモーションを成功に導くために、グイグイ引っ張っていくことも大切ですが、クライアントや社内スタッフの心情や状況を見極め、気持ちよくプロジェクトを進行できるようにすることも意識しています。
現在は、社を代表する大型クライアントのプロジェクトマネージャーとして、マーケティング課題の解決に日々努めています。

セプテーニグループの環境

年齢や経験に関わらず、発言や行動の1つ1つが尊重される文化が根付いていると思います。例えば、「経営への提言」という制度があり、年に2回現場社員が経営陣に対し、会社を良くするためのアイデアを直接提案できる場が設けられています。全てがトップダウン式で決定されるのではなく、経営陣が立場に関係なく社員の意見を積極的に取り入れようとする姿勢を感じます。そのような文化が根付いていることで、日常から各々が任される裁量が大きく、責任感を持ちながら仕事に臨むことができるのだと思います。

セプテーニグループは、
ひとりひとりのパフォーマンスを最大化し、
より良いキャリアを築くためのサポートを行っています。

ページ先頭へ