Shiori K セプテーニ ブランド広告推進部
コミュニケーションプランナー

上智大学 国際教養学部卒業。2013年にセプテーニへ入社。
ブランド広告推進部に所属し、コミュニケーションプランナーを務める。

個性タイプ攻めデジタル FFSデータ A:10 B:15 C:12 D:19 E:8

これまでの経験と入社のきっかけ

約8年間アメリカとシンガポールで学生生活を送り、大学入学のタイミングで日本に帰国しました。大学では海外で得た語学力を活かしたいと考え、国際教養学部に入学し、国際経営学・経済学を専攻しました。これまで様々なコミュニティに所属した経験から、何事も一緒に取り組む仲間が大切である という想いを持っていたため、就職活動では、業界や業種を絞らずに、一緒に働く人を見て会社を選ぶことを心掛けていました。様々な企業の方とお話をさせていただいた中でも、セプテーニグループの社員の方々はとても暖かく、楽しそうに働かれており、「この方たちと一緒に働きたい!」と強く思えたことが入社の決め手となりました。

現在の仕事内容

ブランディング×デジタルにおけるマーケティング支援を行っております。これまでマスを中心として展開されていたブランディング施策において、マス×デジタルの相乗効果やそもそものデジタル領域でのブランディング施策の展開を支援することがミッションです。 “ブランド施策”は、消費者への認知拡大や行好意形成を狙ったものとなっているため、明確な指標を設けることが難しく、何を指標にして、どのように予算配分をすればいいのか分からないといったケースが多いです。その課題に対してKPI(指標)の設計などを含めた全体のマーケティング戦略の提案を行っております。

セプテーニグループの環境

年次関係なく、自分の考えを発信できる社風であり、新たなことにチャレンジしやすい環境なので、働きがいがあります。部署や仕事のプロジェクトチームなど様々なグループがありますが、どのグループを見ても「人」の繋がりが強いです。自分のことでなくても自分のことのように考える人が多いので、「困ったときはチームで解決」という言葉がとても合う職場です。また、子育てをしながら働く人も多く、WOMAN賞やWIL塾といった女性の活躍を支援する制度があり、女性が積極的に働くことのできる環境であると思います。

セプテーニグループは、
ひとりひとりのパフォーマンスを最大化し、
より良いキャリアを築くためのサポートを行っています。

ページ先頭へ