Rafaello C セプテーニ・オリジナル
開発プランナー

シンガポールの南洋理工大学を卒業後、早稲田大学でMBAプログラムに参加。グローバル広告エージェンシーのシニアアカウントマネージャーを経て、2013年にセプテーニグループへ中途入社。現在はセプテーニ・オリジナルにて開発プランナーを務める。

個性タイプ守りデジタル FFSデータ A:9 B:15 C:16 D:6 E:12

これまでの経験と入社のきっかけ

MBA取得後、フィリピンでグローバル広告エージェンシーのシニアアカウントマネージャーを務めていました。そこでの仕事はマーケットが一定の地域に限られていたので、より多くの国のマーケットにも広く関わりたいと思い、積極的に海外展開を進めているセプテーニグループに転職しました。また近年、ネットマーケティング業界は多くのソーシャルメディアと多様なマーケティング技術の登場に伴って急成長しています。このような成長産業で多くの経験を積み、自分のスキルを向上していきたいと思ったのも入社を決めた理由の一つです。

現在の仕事内容

国内外の広告ビジネスに携わっています。インターネット広告の技術開発を行うエンジニアチームのサポートから、海外のメディアパートナーとのやりとりや業界のカンファレンスでセプテーニグループを紹介するなど、担当している業務は多岐に渡ります。また、海外市場の動向をキャッチして、セプテーニグループのビジネスに活かす橋渡しのような役割も担っています。インターネット広告業界はマーケットの成長が速く、技術開発のスピードも速いため、毎日マーケット面と技術面の両面から最新トレンドを欠かさずにチェックすることが大事です。セプテーニグループの持つ技術をもっとグローバルに展開し、マーケティング分野でのポジションをさらに上げていきたいです。

セプテーニグループの環境

社員一人ひとりが事案の重要度に関わらず、個人的な意見を発言できるように尊重されており、また実務では個々の能力を十分に活かせる機会があると感じます。個人的には組織を率いるマネジメント層が会社の目標および個人のキャリア目標を達成できるようにマネジメントしてくれていることが大きな一つの要因だと感じます。また、なによりもセプテーニグループの仲間と一緒に仕事をするのはとても刺激的です。セプテーニグループの社員は会社でプロフェッショナルとして働き、またプライベートはリラックスして楽しく過ごすという「work hard, play hard」のバランスを取れている方が多いので、仕事以外の面でもたくさんの刺激をもらっています。

セプテーニグループは、
ひとりひとりのパフォーマンスを最大化し、
より良いキャリアを築くためのサポートを行っています。

ページ先頭へ