Naomichi K セプテーニ クロスゲート
メディアプランナー

東京理科大学卒業。2015年にセプテーニグループへ入社。 現在は、セプテーニ・クロスゲートに所属し、メディアプランナーを務める。

個性タイプ守りデジタル FFSデータ A:6 B:18 C:13 D:9 E:14

これまでの経験と入社のきっかけ

大学では数学を専攻していました。統計学を学ぶことを通して、物事をロジカルに考えて、アウトプットしていく力を身に付けることができたと感じています。就職活動では、自分自身の能力や価値が求められる仕事をしたいと思い、形のないものをサービスとした業態の企業を見ていました。セプテーニグループへの入社を決めた理由は、見ていた企業の中でも特に人を大事にしている文化を感じられたからでした。選考はグループワークが中心で、実際の自分の行動を人事や社員だけでなく、同じチームの選考メンバーからも評価される形式であり、一人ひとりのパーソナリティをとても重視している会社であることが伝わりました。

現在の仕事内容

現在はセプテーニ・クロスゲートにて、メディアの新規開拓や運用のサポートをしています。その中でも主にSEOで集客をしているメディアを担当しています。
運用する際には、メディアのパートナー会社に加えて広告主であるクライアントの目標も意識しなくてはならないため、双方の目線からロジック立てたプランニングが求められます。
検索アルゴリズムの変更など、常に環境が変化する市場なので、チャンスの機会を逃さないように細心の注意を払い、戦略を立てていくことを意識しています。

セプテーニグループの環境

自分のやりたいことに挑戦できる環境だと思います。自ら裁量を持って働くことができるので、多くのチャンスを得ることができ、経験を通じて成長ができます。社内のメンバーも自分の目標数字を達成することにこだわる人が多いため、メンバー同士で刺激を受けながら働くことができています。またセプテーニグループの社員は、仕事に真摯に向き合う一方で、普段はフレンドリーな人が多く風通しの良い雰囲気で、グループ会社の垣根を越えた関わりもあります。お祝い事や飲み会などを通して日頃からコミュニケーションを取ることで、仕事を進める上でも良い影響に繋がっていると感じています。

セプテーニグループは、
ひとりひとりのパフォーマンスを最大化し、
より良いキャリアを築くためのサポートを行っています。

ページ先頭へ