Hiroaki K セプテーニ・ベンチャーズ
事業責任者

大阪大学大学院 理学研究科卒業。2013年にセプテーニへ新卒で入社。
セプテーニで広告運用スタッフとして経験を積んだ後、セプテーニ・オリジナル社に転籍しプロジェクトオーナーを担当。
現在はセプテーニ・ベンチャーズで新規事業を始める。

個性タイプ守りデジタル FFSデータ A:2 B:11 C:13 D:9 E:13

これまでの経験と入社のきっかけ

大学院では、天文学を専攻し、宇宙観測用のカメラの研究をしていました。そのままアカデミックの領域に残ることも考えましたが、この経験を活かし、世の中に価値あるサービスを提供したいと考え、インターネット広告を扱う部分や、自分の努力次第で新規事業の責任者になることができる環境が整っているセプテーニグループに強く惹かれ、入社しました。一昨年には社内の新規事業プランコンテストで、学生時代の経験をもとに事業を立案し、決勝まで残ることができました。合宿形式の決勝大会では、役員にプランをブラッシュアップしてもらえたことで、新たな視点から事業を考えることができるなど、とても貴重な機会となりました。

現在の仕事内容

現在はセプテーニ・ベンチャーズにて新規事業の立ち上げを行っています。新規事業では事業全体の方向性を決めていく事業計画の作成や、サービスのUI/UXといった細部の仕事まで幅広く行っています。この仕事では既成概念にとらわれない発想が要求されるため、日々試行錯誤しながら事業を進めています。

セプテーニグループの環境

セプテーニグループでは、成果に応じて周囲から正当に評価を受けることができる風土や仕組みがあります。また、様々な国籍や個性を持った仲間が集まっているので、異なる意見や考え方を交換することで新たな学びを得ることができるほか、一人ひとりの能力を高め、効率を上げるために、自分たちで意見を出し合い働き方のルールを決めているので、自分が最高のパフォーマンスを発揮するために必要な環境が整っていると感じています。

セプテーニグループは、
ひとりひとりのパフォーマンスを最大化し、
より良いキャリアを築くためのサポートを行っています。

ページ先頭へ